「直葬」等埋葬手続等に関しては京都・長岡京市「相続おもいやり相談室」へ

直葬とは、下記にある「人が死んだら家族(又は自治体)が必ずしなければならない事」のみをする儀式のない遺体の火葬(又は葬送)のことである。通夜や告別式を執り行わず、亡くなられた場所から直接火葬場にご遺体を移送する事になる。このサイトにある「墓地、埋葬等に関する法律」に則って行う。

「人が死んだら家族(又は自治体)が必ずしなければならない事」

(1)遺体の保全

 病院や施設などでなくなった場合には、遺体を自宅若しくは火葬場へ運ぶための遺体搬送に適した専用の寝台車が必要になる。

(2)棺

 火葬場では, 遺体を何らかの入れ物(棺)に入れたかたちでなければ受け付けてくれないので、棺は必需である。

(3)防腐処置としてドライアイス等

 気候に関わりなく、遺体は傷みやすいので、ドライアイスなどを使った防腐処置が必要になる。

(4)火葬場での火葬

 上記の法律は、埋葬でも構わないのであるが、通常は遺体は火葬する。法は死後24時間以上経過してから遺体を火葬場で火葬すると定めている。燃料費を含めた火葬場の使用料が発生する。火葬場では、すべてが燃え尽きて灰だけにならないようにする。

(5)骨壺

 火葬後の遺骨の扱いは法的には自由であるが、実際はお骨をお墓や共同墓地などに最終的に納めるための骨壺が必要となる。

(6)人手と葬儀屋

 (1)~(5)までの作業を手配、実施するための人手が必要で、家族だけですべては難しく通常は人手に対する人件費が発生する。火葬許可証などの各種手続 を行い、遺体を取り扱い、納棺処置を施すことは葬儀屋などの扱いに慣れた者に依頼する。そこで、直葬についても費用について葬儀屋との相談が必要になる。

YouTube中川総合法務オフィス公式チャンネル:相続等無料動画公開中

※相続おもいやり相談室を運営している中川総合法務オフィスのYouTube公式チャンネルには、遺言・遺産分割等のポイント解説したお役に立つ無料動画をたくさんアップロードしております。

遺言作成や遺産分割協議書作成のご依頼や講演等の参考にもお使いください。