離婚で揉める離婚協議手続における年金分割(2種類)はどうすれば揉めないのか

離婚協議における年金分割(2種類)手続について

この離婚で、最も揉めるのは、「養育費」と「年金分割」であり、慰謝料の額である。

⇒これらは、多くの論点があり、実務の観点からも理論の観点からも詳論を別な機会にしたいが、以下に「年金分割」について述べる。

※年金分割(2種類)⇒実務では必須の決定事項になっており、どちらも離婚後2年以内に請求が必要

(1)合意分割(平成19年4月~)

婚姻期間中のお互いに加入していた厚生年金について、夫婦間の合意の上、2分の1を上限として分割をする制度

・夫婦間の同意又は家庭裁判所の決定(調停、審判、裁判)が分割の前提

・分割割合は夫婦それぞれの厚生年金保険料の納付記録を合算したものの最大半分が限度

・分割の対象は「婚姻期間」

・19年4月以前の期間も分割対象

(2)3号分割(第3号被保険者期間の厚生年金の分割、平成20年4月~)

平成20年4月以降の第3号被保険者期間についての相手の厚生年金について、第3号被保険者の請求により、強制的に2分の1に分割する制度

・夫婦間の同意がなくても、請求により分割可能

・例外なく配偶者の厚生年金保険料の納付記録を2分の1に分割することが可能

・平成20年4月以降の第3号被保険者期間(給与所得者の妻の期間)のみ分割可能

⇒実務的には、(2)は請求があれば自動的に分割されるので、(1)が問題になり、

これはまず「年金分割のための情報提供通知書」を年金事務所で入手して始めるが3週間程かかる。

相続おもいやり相談室の最新情報をお届けします

相続実務講座(CD&DVDとテキスト)最新版ベストセラー

相続おもいやり相談室(中川総合法務オフィス)が、平成15年から販売している相続の基本から最新情報までがわかる実務冊子です。税理士が最も多く購入されました。